スマイル動物病院の「ガン治療」

統合医療(「西洋医学」プラス「代替医療」)で、

がんのコントロール
をめざします!

コントロール = 
寿命をのばす
苦痛をやわらげる
QOLをあげる

スマイル流「統合医療」その1

『手術』プラス『漢方薬』プラス『サプリメント』

悪性の腫瘍は、手術をしても再発することがあります。当院では、再発防止のため、術後、「抗がん剤」を使うのではなく、「漢方薬」、「サプリメント」を病状や体に合ったものを選び処方します。これにより、血管肉腫など、腹腔内で破裂した悪性腫瘍の手術後転移・再発するケースが減ってきています。

漢方について

スマイル流「統合医療」その2

『局所麻酔』プラス『レーザー治療:ハイパーサーミア』

高齢や衰弱により全身麻酔による皮膚腫瘍の手術ができない場合、「局所麻酔」と「高出力半導体レーザー」により腫瘍を切除、縮小し、痛みをとることでQOLが改善できます。

スマイル流「統合医療」その3

不幸にして手術が不可能な場合
『レーザー治療:マイルドハイパーサーミア(免疫温熱療法)』
による「がん休眠療法」

手術が不可能な腹腔内腫瘍などの深部臓器がんに対しては、「マイルドハイパーサーミア(免疫温熱療法)」を行うことで局所免疫能力を高め、生命維持に悪影響を与えている腫瘍の部分を小さくし、生命活動の邪魔にならないように努めます。