代替療法

当院では飼い主様が動物とともに笑顔で心豊かな生活を送れる事を目標とし、動物に対し負担のかからない治療をご提供するため、代替療法を取り入れています。

※治療方針は飼い主様とご相談の上決めていきますので、安心してお気軽にご相談ください。

代替療法とは

代替療法では多くの異なった治療法を用います。
その例には、以下ようなものがあります。

  • 漢方やその他栄養補助食品
  • 鍼灸
  • 手技療法(薬浴やマッサージ)
  • 手技運動療法(マッサージやストレッチ
  • マイルドハイパーサーミア免疫温熱療法

漢方薬

自然を重視した考え方の漢方は特に高齢や病気の動物の体にやさしく、そしてしっかりと体調を改善します。

漢方の大きな特徴

副作用が少ない

病気の治療と考えた時、内服薬を使用していった場合、化学的に作られたものになるため、副作用が強く出てしまう事があります。
一方、漢方の場合は、自然由来物に含まれる有効成分を用いるため副作用が少ないとされます。

動物の体に負担が少ない

病気はストレスなどにより体のバランスが崩れる事で発生します。内服薬の場合、バランスが崩れた状態で、病気よって現れた症状をまずは抑えるような働きを持っているため、体に負担がかかってしまいます。
一方、漢方の場合は、本来、体が持っている治癒力を活性化してあげる事で病気を治すため、体への負担が少ないものになります。

漢方が動物にも効くってご存知でしたか?

漢方によって改善された例をご紹介します

腫瘍

腫瘍の外科手術を行った子が、術後に漢方を使用する事で再発なく長生きしております。

悪性リンパ腫

抗がん剤の副作用に苦しんでいた悪性リンパ腫の子が、漢方を使用することで長生きしております。

皮膚疾患

外耳炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患で苦しんでいた子が、漢方で改善しました。

精神安定

夜鳴きがひどく、睡眠薬を飲まないといけなかった子が、漢方を使用する事で、精神が安定して夜鳴きがなくなりました。

当院では、定期的にメーカーの方をお呼びした勉強会を行い、スタッフの漢方への知識向上に努めております。ご不明な点やご質問がございましたら、ご遠慮なく当院スタッフまでお問合せください。

鍼 灸

鍼は東洋医学の治療法1つです。鍼で経穴(ツボ)を刺激し、病気を予防したり、治療したります。お灸も鍼治療と同様に有効です。温める作用が強いので、冷え性の子や寒い時期に有効です。

薬 浴

年齢や持病でシャンプーにお困りではありませんか?

対象例

  • check皮膚に疾患がある
  • check心臓などに何らかの持病がある
  • check高齢(サロンの受け入れが難しい年齢の場合もご相談ください。)

対象例に当てはまらない場合もご相談に応じます。
ご不明な場合は一度スタッフにご相談ください。

内容・効果

シャンプー・保湿・爪切り・肛門腺絞り
足裏、肛門周りや腹部などの毛刈り

※日常のシャンプー指導、皮膚ケア指導

【カットについて】
美容目的のトリミングは行っておりません。

トリミングサロンとの違い

  • 1
    獣医師ならびにスキンケア検定資格取得者の指導の下、個々に合った薬浴をプランニングします。
  • 2
    シャンプー剤は、皮膚疾患や皮膚保護に優れた医薬品メーカーの薬剤のみを使用します。
  • 3
    皮膚疾患への医学的アプローチが可能です。
  • 4
    シャンプーという非日常行為も病院なので安心です。
  • 5
    全て獣医師管理の元での施術となります。

料 金

薬浴基本料金
¥5,400

※完全ご予約制となりますので、お電話か窓口にてご予約ください。
※その他、動物のサイズや身体状態により料金は前後します。

ご利用者様の声

  • 14歳6か月・チワワ
    【病歴】膀胱結石、痴呆
    歩行困難、ふるえ、
    震戦など

うちの犬は今年の夏で 15 歳になる老犬なのですが、スマイル 動物病院さんにはいろんなことでお世話になっており、その中の一つに薬浴があります。
痴呆も入ってきており、今まで通っていたシャンプーの所は少し心配になり、スマイル動物病院さんに相談させて頂いたところ、薬浴の事を知りすぐにお願いすることにしました。
いつも通院してることもあり、本人にとっても 家族にとっても安心して預けられるので、とても助かっております。
これからもずっとお願いしようと思っております。

ご利用者一覧

    • トイプードル9歳
      アトピー性皮膚炎
      椎間板ヘルニア
    • 柴犬16歳
      高齢、痴呆
    • Mix15歳
      糖尿病
      指間皮膚炎
    • 柴犬1歳
      アトピー性皮膚炎
      極度の緊張

ドッグマッサージ

見込まれる効果

  • 病気の早期発見
  • 免疫力アップ
  • 消化機能改善
  • ストレス解消
  • 痛みの軽減

血液やリンパの流れを良くし、身体の免疫力を高めます。
ストレスや緊張の緩和により「気持ちが落ち着くホルモン」の分泌が促されます。
筋肉に酸素や栄養が供給され、筋肉や腱が柔軟になります。

効果的な状態

ひとつでも当てはまったらご相談ください。

  • checkヘルニアの治療中、または経験者
  • check生活環境のストレスがある(多頭飼いや騒音等)
  • check10歳以上
  • check後ろ肢が震える
  • check涙目、涙ヤケなどが気になる
  • check虚弱体質
  • check食欲が落ちている(もともとない)
  • check下痢や胃腸炎になりやすいなど、消化器が弱い
  • checkダイエットが必要

施術の流れ(初回)

  • 1.獣医師とマッサージ施術者による診察
  • マッサージ施術者によるカウンセリング (改善希望点、生活での疑問点などご相談下さい)
  • マッサージ(鍼灸+マッサージ)

有資格者が担当します。

日本ペットマッサージ協会認定「ペットマッサージセラピスト」資格を保有しているスタッフが、身体の仕組みやリンパの流れなど詳しくご説明をさせて頂きながら施術をします。
※鍼灸は獣医師による施術

施術時間(目安)

30~50分

料金

¥3,500~

※身体のサイズや対象部位、症状により前後します。

【注意事項】
体調によってはマッサージを受けられません。
まずは獣医師の診察を受けていただきます。
適さない状態
  • 身体のいずれかの部位に炎症がある
  • 感染症の病気にかかっている
  • 熱がある
  • 生理中 など

ご利用者様の声

  • 12歳5か月
    ジャックラッセルテリア
    【病歴】
    エリテマトーデスなど

ドッグマッサージというものがどういうものか、受ける前はわかりませんでしたが、やってもらった後、家に帰ると、犬の表情がとても穏やかだったので、受けてよかったです。

  • 9歳3か月・トイプードル
    【病歴】
    アレルギー性皮膚炎
    歩行困難など

人間と一緒。ここでマッサージしてもらってる時は、ぐでーっとして力も抜けて、とてもリラックスができている。
とにかく気持ちよさそう。
ホームケアもがんばってみてるけど、家ではやっぱりダメで、変なところを触ると怒って噛んできたりして、病院で受けている時とリラックスの感じが全然違う。やっぱり人間と一緒で、プロにやってもらうととても気持ちいいみたい。

代替療法は「本来の治療」と併用することで、動物の持つ自然治癒力を引き出し、「本来の治療」の効果を高めることに繋がります。複数の代替療法メニューを組み合わせることもご提案しながら、より効果的な治療をめざします。